今回、フローリングの汚れや、表面割れ等かなり汚らしくなってしまったので、思い切ってリフォームすることになりました。既存のフローリングの上に新しいフローリング(12㎜)を施工することになりました。

DSC_1129 DSC_1134DSC_1211DSC_1206

フローリング材は、木目が強く出ているタイプで、
最近、はやりの柄ですね。
既存の敷居等は一段上がっていましたので、上手く収めることが出来ました。

クロスも貼替えしたので、見違えって綺麗になりました。

 

屋根塗装工事

今回、屋根瓦の塗装をしました。
モニエル瓦で施工してあり、築年数の割にしっかりしていました。
モニエル瓦は、コンクリート製で、表面仕上げは塗装なので、やはり剥げてきいました、また色が付いているように見えるが、コケなどで覆われている状態です。
DSC_1119

高圧洗浄できれいに除去すると、瓦の表面が白くなるくらい取れます。

DSC_1142

 

高圧洗浄したのち、下塗りをします。

 

 

DSC_1159

 

2回塗りし、綺麗に仕上がりました。

 

DSC_1186

後付けシャッター工事

今回は、バルコニー出入りの窓シャッターを付けたいとのご要望で、
工事を行いました。
最近の新築の建物のほとんどが2階の窓には、
雨戸やシャッターが付いていません。
防犯上や、騒音、断熱を気になされる方は多くいます。
そこで後付けのシャッターを取り付ける事も多いです。
ただ今回、窓の外壁上にシャッターボックスが付くスペースがないので、通常の収めが出来ません。
そこで、リクシルでは、シャッターボックスを下げて収める商品があり、それを今回取付しました。
通常の既製のシャッターより、かなり高価になりますが、どうしても付けたい方のはもってこいです。
DSC_0881DSC_0884これで安心してお休みになれるようです。

 

シャッターを取り付ける前の専用部材を取付ます。DSC_0900

あらかじめ寸法を測り、オーダーで高さを合わせて製作したものを取り付けます。ぴったり収まる。

DSC_0901

 

先付けのの部材があるため、通常より8㎝ぐらい出てしまうので
部屋からまたぐのが少しおっくですが、バッチる収めることが出来た。DSC_0902

屋根塗装工事

屋根の塗装工事を行いました。
スレート瓦ですが、汚れや、コケなどで、表面が、劣化しています。
しっかり高圧洗浄し汚れ等除去します。
又棟笠木トタン浮や、下地の劣化が見られるので、一部、棟笠木の交換と下地の木板を交換しなければなりません。
DSC_0560DSC_0566高高圧洗浄機で、汚れ等をしっかり取り除きました。

棟笠木トタンも交換をし、ケーブルTVで、TVを見ているので
アンテナも撤去しました。

DSC_0629

今回の屋根の塗装は、ガイナと言う塗材で、夏涼しく、冬暖かい、
優れた機能を持ち塗材です。
一般の塗料に比べると割高ですが、光熱費が、安くなります。
白系統の方が、熱の反射率が高いので、あえて白っぽい塗材で
仕上げました。

施工後の経過は良好のようです。