バルコニー床修繕

バルコニーの床に傷みが出てきたので、修繕工事を行いました。
バルコニーの床は、モルタル仕上げになっており、
ひび割れや、表面劣化目立ってきていしまい、
このままほおって置けば、雨漏りになってしまうため、修繕をさせて頂きました。

DSC_1789IMG_20160818_180323 IMG_20160818_180206

モルタル表面が劣化していいるため、グラインダーで、表面を削り、クラック等を目止めし、
トップコートを致しました。
外壁も、塗装し、大変綺麗になりました、。

バルコニーデッキ下の清掃

バルコニーのデッキ下の清掃をしました。
バルコニーの作りには、いろいろあります。
今現在は、防水が良くなっていますので、ほとんどが、FRP防水で仕上げていますので
樹脂などのデッキ材で収めなくても良くなっていますが、
少し前の建物の場合(おおよそ20年前ぐらいまで)は、
様々な仕様でバルコニーを作っていました。
多くは、下地を作り、トタンなどで収め、上にデッキ材で収める方法です。
この場合、デッキ材が上にあるため、ゴミなどは隙間より下に入り込み、排水部分を詰まらせ
水漏れ等を発生させることがあります。
その為、デッキ材を外し定期定期に清掃が必要です。
今回、デッキ材を外し清掃を行いました。

DSC_1905 DSC_1906

DSC_1911 DSC_1910

これでごみ詰まりもなく安心して、バルコニーを使用できます。

窓格子の取付

防犯上、窓に格子を取付ことがあります。
小窓とはいえ、侵入されないとは言えないので、格子を付けますが、
外に開くタイプの窓の場合、一般的な格子の出幅だと、窓がほとんど開かないので、
格子の取付金物をロングタイプにします。
そうすると、問題ない程度まで窓は空くので、安心です。

一般的な格子の出幅

DSC_2010

出幅の多い格子

DSC_2009

小窓にも格子

DSC_2008